« 海外生活のススメ(167)  嫌中本 | メイン | 海外生活のススメ(169)   日本を知ること »

海外生活のススメ(168)  政治ショウの終わり

 日中関係等については、日本のマスコミが騒がなくなっている。理由は、河野談話や村山談話を撤回せず、日韓会談、拉致問題の交渉に積極的になるなど、政府が中国、韓国、北朝鮮との敵対関係を緩和する動きを示しているからだ。政府と息の合った行動をとるところがマスコミらしい。

 では、経済関係はどうかというと、中国との関係においては、ほぼ改善されている。それは、日本車の売れ行きや日系企業の中国での受注状況から見ると明らかで、すでに地方政府、国有企業等による日系企業の入札ハズシは終わっており、ひところとは全然違う様子になっている。

 つまり、政府がナショナリズムを煽り、マスコミがプロパガンダの役割を果たしてきたが、ここへきて処々の事情からそうも行かないことが分かって来て修正を余儀なくされており、一方、経済面では日中関係はすでに解決した状況になって来て、政治だけが取り残された格好だ。

それをマスコミが書かないのは、あまりに政府や自分らの体裁が悪いからであり、今後は政府がどうやって体面を保ち矛を収めるかという問題になるのだろう。人気取りの目的もあって政治をショウにしてしまったのだが、すでに格好良く幕引きできる状況ではなくなった。


写真) マレーシア





カテゴリー