« 2012年10月 | メイン | 2012年12月 »

2012年11月21日

海外生活のススメ(131)  不公平・不平等

中国の発展は今後、主にどのような課題に直面するだろうか。中国の通信社である新華ネットは、このほど「中国の将来的な発展の主な課題は何か」をテーマとするアンケート調査を実施した。最終結果ではないようだが、現段階のネットユーザーからの得票率をコラムで発表した。課題とパーセントは以下のとおり。

「汚職問題」(70.5%)、「発展の不均衡、所得格差」(62.8%)、「社会保障システムの不備」(53.9%)、「進学難、不動産価格の高騰、食品安全等の国民生活に関わる問題」(44.1%)、「生態環境の悪化」(41.7%)、「複雑かつ変化の激しい国際情勢」(35.2%)、「人材不足、国民の低素養」(24.8%)、「世界経済の低迷」(17.1%)。

得票率の上位1位~3位を見ると分かるように、いずれも不公平・不平等を生む原因となる事柄である。実は今、庶民の間で最もホットな話題は、社会の不公平・不平等のことである。インターネットのいろんなツールで、庶民が中国社会は不公平・不平等だと言い出して、それが中国中に拡がっているのである。

こうした事情から、中国政府は先日、汚職問題に厳正に取り組むと発表した。ネット社会では、善くも悪しくも人々の関心を引くことは、直ちに拡がる。そして、それが社会を動かす力となる。不公平・不平等の問題が解決されなければ、国の発展は止まってしまうので、今回の出来事は誰にとっても良かった。それに、国がメディアを使って国民を動かすのは気に入らないが、国民がメディアで国を動かすのは痛快である。


写真)  中国杭帮菜博物館(伝統・田舎料理の博物館) 杭州市


2012年11月14日

海外生活のススメ(130) 公共投資

今、中国で最も注目されていることは、今後の景気動向である。景気がなかなか回復しないからである。回復しないといっても、年率7%ほどの経済成長を維持しようというのであるから、他の国に比べたら贅沢な悩みだろう。だが、数字的に余裕があるようでも、今までの発展モデルが限界に来ているので油断できない情況だ。

 確かにここまでの経済成長は、それほど困難ではなかった。人件費が安く、WTO加盟等で技術移転が容易に行われ、不動産バブルが景気を引っ張った。しかし、今は高度経済成長で賃金が上昇して製品単価が上がり、不動産バブルも完全に終わった。その上、先進国の景気後退も、貿易による経済成長を難しくしている。

 そこで、中国政府は目下、公共投資、特にインフラ整備に巨額の資金を投入している。今まで見たこともない数量の土木工事用資材が水上搬送されており、いかに土木事業に力を入れているかが分かる。これは、消費拡大、新興産業の育成等による景気浮揚が容易ではなく、しかもとても時間を要すると判断したからだろう。

現在行われている公共投資は、鉄鋼などの基礎産業に対して一時的な生産を誘発する効果があるだろうが、景気の先行きが危ぶまれ、国民の貯蓄性向が高く、多くの中産階級が多額の住宅ローンを抱えていては、有効需要効果はあまり見込めない。結局、公共投資による効果は一時的で、財政だけが悪化する。体力があるうちはいいが、こうした手法が長続きしないのは日本の例からも明らかだ。


写真)  上海のアップルストア


2012年11月02日

海外生活のススメ(129)  ベクトル

国の将来を予測するとき、基本的にはその国がどのように変化してるか、あるいはしようとしてるかを見て判断することになるが、中国の状況は二桁ほどの高度経済成長時代が終わり、今後どのようにして経済を安定的に発展させるか、それを可能にするために何をすべきかが、最も重要な課題となっている。

そのために政府は何をしているかというと、いろんなビジョンや長期計画を打ち出しているが、その核になっているのは、不動産価格を引き下げること及び所得格差を是正することであると思う。これは、この二つの問題を改善しないことには、消費需要が伸びず、経済を発展させることが出来ないと考えられるからである。

もっとも、未だ不動産価格はとても高く、また所得格差も一部では拡大傾向にあり、これらが是正されて来てるというにはほど遠い。それに、不動産は高買いした人が沢山いるし、所得の多い人が所得の決定権を持つので容易でなかろう。しかし、不動産価格も所得格差も、全体としては、是正の方向に動いてることは確かである。

このように社会のベクトルの向きが明らかなことは、人々に適応すべき方向を示し、挽いては活力を与える。中国の高度経済成長は、不動産の高騰と貧富の差の拡大という歪みを生んだが、これを正すことができるかに将来が掛かっている。解決には多くの困難が予想されるが、良い方向に変化しようとしているのは、何となく嬉しい。


写真)  古き良き建物は残る(上海中心街)