« 2011年04月 | メイン | 2011年06月 »

2011年05月26日

海外生活のススメ(74) 老後対策

中国人は、大学を出てからすぐの同窓会では、日本人と同じく仕事の内容や給料の話をするらしい。数年経ってからの同窓会では、結婚したか、相手はどんな人か、家を買ったかなどが話題らしい。どんな人かというのは人柄や見た目とかではなく、給料がどのくらいか、将来性があるか、親が金持ちかとかである。

 卒業して10年ぐらい経つと、普通に子供の話とかだが、ホワイトカラー族はちょっと違っていて移民の話をするらしい。理由は、裕福な中国人は子供を外国で育てたいし、また老後を中国で暮らしたいとは思っておらず、何とかして外国で暮らしたいので、早くから情報を入手するのである。移民以外でも、保険、貯蓄など老後対策が話題となる。
  
 なぜ、早くからそんなことを考えるかというと、ほとんどの人が年金が少なく、老後の保証がないからである。若い人は、老後のことを考えてあまり消費をしようとしない。そんなに若いうちから老後のこと心配をして、生活が楽しいだろうかという気もするが、たぶんそれが中国ではとても賢いことなのだろう。

 ちなみに、移民先の一番人気はカナダで、現在、移民審査を受けるだけでも一年待ちの状態らしい。私は、カナダが小さな政府により国家財政が健全で、70年以上銀行が一行も破綻しておらず、パッパラパーのアメリカの隣にあって、よくもその悪い影響を受けないでいられると感心するだけだが、中国人は細かく調査しているようだ。


写真)西湖(杭州市)



2011年05月15日

海外生活のススメ(73)  減少する留学生

外国人に中国語教育をしている浙江大学国際教育学院というところがある。この学校は、私が中国へ来た当初は、100人ほどの日本人研修生がいたが、現在は10人にも満たなくなっている。中国でも有数の中国語教育機関であるのに、このように日本人留学生が減っているということは、他の学校も似たような状況だろう。
 
 留学生が減っているのは、いろんな理由が考えられる。以前は、日本の経済が低迷しているといっても、まだ家庭に経済的余裕があったので、たくさん留学生がいたが、今はその余裕がなくなったのかも知れない。また、中国語をマスターすれば仕事が見つかっていたが、今はそうではなくなったというのもあるだろう。

 それに、以前は中国留学が一寸したブームだったような気がする。当時は、日本人というだけで男も女もとてもモテたという。それだけ、日本人ということにブランド力があった。しかし、今はそのブランド力が落ちて来ており、ひょっとしたら、そのことも中国への留学意欲を削いでいるのかも知れない。

 しかし、元々、語学学習は日本にいてもできるわけで、中国語を勉強したいだけだったら、わざわざ中国へ来る必要はない。ついでに言うと、個人の留学は出費が軽いから余り問題ないが、企業や自治体は簡単に中国進出しない方がよい。「進出」というと響きは良いが、外国人を簡単に成功させてくれないのはどこの国も同じである。


写真) 上海南京東路



2011年05月01日

海外生活のススメ(72)  中国の経済状況 (2)

インフレで、一番価格が上昇しているのは農産品である。これは、異常気象や需要拡大などが主な原因であるが、政府は投機行為や売り惜しみが発生しないようにするとともに、農民からの買い上げ価格を引き上げて供給量を増やそうとしている。しかし、消費量が多く耕地面積の状況から輸入に頼らざるを得ないものもあり、海外市場の動きが注目される。

地下資源は豊富なように見えるが、実は産出量が乏しいものも少なくない。基本資源では、石油、鉄鉱石、銅などが足りない。これらは経済発展で消費量が増えており、価格が高騰すれば社会全体に及ぼす影響も大きいので、資源開発等を進めている。特に、海外の鉱山等の買収は、ドル減らしにも役立つので積極的である。

反面、中国に多く埋蔵、産出し、国際価格を決定しうる金属もある。レアアース、アンチモン、錫、タングステンなどである。これらの優位性のある金属については、乱開発を防ぎ産出量や輸出をコントロールする一方で国家備蓄を進め、資源の枯渇による産業の衰退を防ぎながら、これらの金属を利用した新興産業の育成を図っている。

これら以外にも環境問題、水不足問題、不動産価格と所得格差の問題、エネルギー不足や効率の問題、産業構造調整の問題などを抱えており、こうした状況の中で雇用確保のための景気拡大が求められている。日本も経済については課題が多いが、中国もいろんな問題があり深刻なものが多い。しかし、中国の諸政策はそれなりに計画的で整合性があり、方向性が見えるところが日本と違っている。


写真) 民族楽器を演奏して、公園に来た人たちを楽しませる人たち。(昆明)