« 2006年09月 | メイン | 2006年11月 »

2006年10月14日

化粧品

中国の女子大生は、就職する頃になるととても綺麗になります。4年生の中頃までは、まだ化粧をする学生は少ないですが、就職先を探したり就職前のインターンの時期になると、綺麗な服を着て化粧を始めるので見違えるようになります。

中国の高級デパートの多くは、玄関を入った正面フロア一帯は化粧品売り場です。大きなデパートだと、海外(日本を含む)の有名化粧品の販売店が幾つも入っています。デパートの一番いい場所は、外国の化粧品売り場が占領しているのです。

ファッション専門店街
デパート入口の看板

最近、中国のニュースサイトを見ていたら、海外ブランドの化粧品の対面販売員になるための求人倍率が、公務員のそれよりも高いと書いてありました。高い固定給に加え、販売額に応じた歩合給もあるので魅力的な職場のようです。

私が4年前に中国へ来たときは、若い女性でもファッションにこだわりがあるようには見えませんでした。髪形も後ろで束ねて結わえただけの簡単なものでした。それがわずかの間に、デパートやファッション街にはお洒落な服が溢れ、高級な美容院もたくさんあって、どこも若い人で溢れています。化粧品店はそれらに比べたら、まだ人はまばらですが、学生がいい就職をするために化粧をするようになっているのを見ると、化粧品会社が高い給料を出していい人材を集めようとしているのが分かる気がします。

高級美容室
デパート1階